【すぐに効果が出る!】ダイエット効果を得やすい筋トレ2選

🛈 【PR】この記事には広告を含む場合があります。
  • ダイエットのため筋トレをしようと思うけど具体的に何をすればいい?
  • 筋トレしているけど痩せた実感を得られず効果的かわからない
  • そもそも筋トレでいいの? ランニングの方が効果を実感しやすい?

こういった事でお悩みの方いらっしゃるのではないでしょうか?

結論からお伝えすると効果が得られやすいダイエット効果の高い運動はあります。

本日は痩せた実感を得やすい筋トレをご紹介したいと思います。

効果を実感できるとモチベーションがキープしやすくなるわ。

まずダイエットのやる気を出す意味でも取り組んでみましょ!

目次

ダイエット効果が得やすい筋トレとは?

ダイエット効果が得やすい筋トレをするなら、以下のポイントを抑えてください。

  • 効果が高い部位を筋トレをすること
  • 痩せた実感を得やすい筋トレをすること

順番に解説します。

効果が高い部位を筋トレをすること

まずは効果が高い部位を筋トレをすることです。

筋トレは鍛える部位によってダイエット効果が異なります。

お腹周りの脂肪が気になるからといって腹筋をやりだす人は多いですが、腹筋は筋肉が小さいためいくら鍛えても効果が出にくい部位です。

早く痩せた実感を得るのであれば、筋トレの効果が高い部位を鍛えるのがよいので、効果が高い筋トレを積極的にしましょう。

私も早く実感したいから筋トレする部位はよく考えなきゃ

ダイエット初心者は早く結果を出したいと思っている人が多いの。
だから効果が高い部位を積極的に鍛えるといいわよ。

痩せた実感を得やすい筋トレをすること

次に痩せた実感を得やすい筋トレをすることです。

筋トレの種類によっては、直後に細くなった、引き締まったと実感できる筋トレがあります。

実際には筋肉が収縮しているだけなので痩せたとは言い難いですが、効果は絶大です。

人間は視覚や体感に騙されやすい生き物なので、一時的でも痩せた! と思えると楽しくなってダイエットも継続しやすいので、トレーニングメニューに加えるようにしましょう。

確かに効果を実感しやすいとモチベ上がりますよね!

ダイエットは長期で取り組まなきゃいけないから、手っ取り早く痩せた! って実感できるのは結構大きいの

痩せた実感を得やすい筋トレ2選

ここでは、前の章で案内した具体的な運動の種類を2つを紹介します。

  • スクワット
  • プランク

順番に解説します。

スクワット

1つ目はスクワットです。

筋トレの中でも下半身を鍛えるスクワットは特に効果が高いです。

下半身の筋肉は、全身の筋肉の3分の2が集中しているため、スクワット15回で腹筋500回の運動量に相当すると言われています。

基礎代謝向上を目指してダイエットする際には、まず大きい部位の筋肉を鍛えていくのがおすすめです。

下半身の筋トレは、お尻や太ももの引き締めて細くなるから下半身太りが気になる方にもおすすめね!

プランク

2つ目はプランクです。

プランクは添付画像のような姿勢をキープするトレーニングです。

プランクの魅力は胸やお腹周り、腰などの引き締まり効果が高いことです。

トレーニング前後で身体の引き締まりが実感できますので、非常におすすめです。

特にお腹が引き締まるの
スタイルがよくなった気になるので気分がいいわよ

筋トレをするメリット

ここでは筋トレをするメリットについて解説していきます。

ダイエットで筋トレをおすすめする理由

ダイエットを始める方には、ランニングやウォーキングより筋トレをおすすめしています。

筋トレには以下のようなメリットがあります。

①毎日やらなくていい
②基礎代謝を向上できる
③比較的短時間でできる
④身体が引き締まるため痩せた実感をしやすい

順番に解説していきます。

毎日やらなくていい

1つ目のメリットは、毎日やらなくていいことです。

筋肉は一度鍛えると『超回復』が起こり、48時間から72時間休ませないと大きくなりません。

そのため1日筋トレをしたら2・3日休んで、週2回ペースで筋トレするようにしましょう。

また筋トレを始めた頃、またはトレーニングをやりすぎたときは3日以上筋肉痛が続くことがありますが、そういうときは無理をせず筋肉痛が治ってから再開するようにしましょう。

毎日運動しなくていいっていうのはOLにとってもありがたいわ!

ダイエット中の運動は毎日やらないと、と思う方はいるけどそんなことはないの。

筋肉痛と自分の体力に合わせて取り組めるからいいわね。

基礎代謝を向上できる

2つ目のメリットは、基礎代謝を向上できることです。

現代人は動いている時間より止まっている時間が圧倒的に長いです。

止まっている時間でも脂肪を燃焼できるように、基礎代謝を上げる方が効率良く痩せられます。

筋肉量を増やすことで代謝が向上できるので、筋トレをして基礎代謝量を増やすようにしましょう。

運動できる時間は少ないから基礎代謝を高めた方が痩せそうですね

仕事していると運動できる時間も少ないから時間を有効に使わないとダイエットは難しいわよ

トレーニング時間が短い

3つ目のメリットは、トレーニングの時間が短いことです。

例えば、スクワット15回をやる場合、おそらく1分もかからないと思います。

仮に3セットやったとしても10分もかからずに完了できるでしょう。

ウォーキングやランニングであればまとまった時間を作る必要がありますが、筋トレなら時間も取らないので効率が良いです。

時間に余裕がない人ほど、筋トレにチャレンジしてみましょう。

まとまった時間が取れない人ほど向いている方法と言えるわね!

身体が引き締まるため痩せた実感を得やすい

メリット4つ目は、痩せた実感を得やすいことです。

ダイエット当初はとにかく結果を出したいと思うので、体が引き締まったと実感できるだけでモチベーションがキープしやすいです。

このおかげでモチベーションを保ち続けて気が付いたら実際に体重も落ちていくので、おすすめです。

体重は大きく変わらなくても鏡に映った自分が痩せていたら、嬉しいものよ

筋トレをするデメリット

ここでは筋トレのデメリットも解説していきます。

疲れが溜まりやすい

デメリット1つ目は疲れが溜まりやすいことです。

筋トレは効率よく痩せるためにおすすめですが、その分疲れが溜まりやすいです。

そのため筋トレをする日は普段よりも睡眠時間を確保するように心がけましょう。

筋トレをする日であれば8時間以上睡眠をとるように心がけてください。

仕事とトレーニングでなかなか睡眠時間を確保できないんですよね

睡眠時間は絶対に削ってはダメよ!
筋トレしたときほどしっかり寝ないと筋肉も育たないんだから

やりすぎると筋肉痛が治らない

デメリット2つ目は、筋トレをやりすぎると筋肉痛が治らないことです。

一般的に高負荷な筋トレは効率がよいとされていますが、その分体を苛め抜くことなので筋肉痛も酷くなります。

酷い筋肉痛はケガとなんら変わりません。

痩せたい気持ちで筋トレで張り切るのはいいのですが、ケガをしては元も子もないのでやりすぎないように気を付けましょう。

私も想定以上の負荷で筋トレして1週間くらい筋肉痛がとれませんでした

筋トレは紙を1枚ずつ積み重ねるようなものよ。
効率的、ということに惑わされずに自分の体力に合った負荷で筋トレしてね

しっかりダイエットに取り組みたい人におすすめのパーソナルジム

ダイエットの効果をさらに高めて、早く結果を出したい人はパーソナルジムがおすすめ。

プロのトレーナーが食事・運動観点の総合的なアドバイスがもらえるため、無駄なく痩せられます。

Dr.トレーニング】運動の無駄をゼロにするパーソナルジム

  • 医学的根拠にこだわった指導法が魅力!
  • 医師が薦めるパーソナルジムNo.1!
  • 500種類以上のトレーニングをお客様の状態に合わせてカスタムメイド!

医学的根拠のトレーニングで、運動の無駄がゼロになると評判のDr.トレーニング。

運動した分だけ成果を出したい、という方におすすめのパーソナルジムです。

ビーコンセプト女性向け下半身痩せパーソナルジム

  • 全国に36店舗のパーソナルジムを展開!
  • 下半身痩せを目指す女子に対する豊富な実績とノウハウ!
  • 美脚を目指したい方に向けたマンツーマンレッスン!

下半身痩せ、美脚をメインにしたボディメイクが特徴のビーコンセプト。

女子らしい美しい体型を目指したい方はおすすめのパーソナルジムです。

まとめ ダイエット効果を得やすい筋トレ

ダイエット効果が得やすい筋トレについて、いかがでしょうか?

まとめ
  • 痩せた実感を得られやすい筋トレをするとモチベーションがキープしやすい
  • ダイエット効果を高めるには鍛える部位を選んで、痩せた実感を得やすい筋トレをする
  • 効果が得やすい筋トレはスクワットとプランクがよい
  • 筋トレは時間がない人にこそおすすめのダイエット方法
  • ただしやりすぎると疲れが溜まりやすく、酷い筋肉痛はケガと変わらないので注意が必要

ダイエット効果を実感すればやる気につながりますので、今回の筋トレで弾みをつけていただければ幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

効果を実感してしっかりダイエットしていきましょう!
みんなも頑張ってね!

【PR】スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次